SPALOHAS CLUB

8

DSC00773

 フランスのタラソテラピー 1

“海水は全ての人の悪を洗い流す” 

(古代ギリシャ詩人エウリピデスBC480-406頃 の言葉)

 

                                                                 大西洋岸と地中海沿いに建つ約50軒のタラソテラピー・センターは、

                    フランスで人気のヘルスツーリズムの拠点となっています。

  2005年よりSPALOHAS倶楽部の前身「フランスの庭」として、

 フランスのタラソテラピー施設や関連団体歴代会長、専門医、専門家に

フランスで現地体験取材を続けながら日本の専門家の方々へ情報発信を続けて参りました。

 

 onsen7_france

 

 ところで、

「タラソテラピ-」を単なるエステティックの海藻パックだと思ってい ませんか?

     「海洋療法」と日本で訳されるように海の豊富な恵みを活用して

       フランスでは100年も前に効果が立証されている自然療法です。 

      

     (以下、2005年よりフランスでの体験取材によるものを一部ご紹介します)     

   タラソテラピーは、海水、海藻、海泥など”海の恵み”(オリゴエレメント)を

    体内にとりいれて、体内のミネラル・バランスを整えるサポートをするものです。

   同時に、潮風や陽光、自然など、海辺の開放的な雰囲気や

  付かず離れず、安心感を与えて、

   ゆったりした気持ちにさせてくれるプロのスタッフ

   すべてが上手く融合してこそ効果が期待できると言います。

一つだけ良くてもダメなのだそうです!

 

 bbthalasso

 

      1998年頃までは、マッソ・キネ(日本のマッサージ師、理学療法士を一つにしたような国家資格)

の施術と医師の診断に健康保険が適用されていましたが、   

                      日本同様、少子高齢化や健康保険の赤字も問題となり、

 「海辺のリゾート」ではないか?と

  健康保険適用は廃止されました。

 

  しかし、保険適用がある時は、数々の厳しい規制や縛りがありましたが、

    保険適用廃止により、こうした縛りから解放されて、

    「観光」と「美容」大国として蓄積されたノウハウを取り入れて、

      市場のニーズも研究して、

    今ではフランスで大変人気のヘルスツーリズムの拠点へと成長しました。

  

多くのフランス人はタラソテラピーを

「年に一度のエネルギーチャージ!」と捉えて、

通常は一週間程滞在し、自分に合ったプログラムを毎日半日、

(現在は、半日体験、二泊二日タラソ、週末ミニ・タラソ、

地元住民のフィットネス等、選択肢は増えています)

 

 

 thalasso-la-grande-motte-002

(写真は地中海沿いのタラソテラピーセンターの受付)

 

 海辺の開放感を全身で感じながら

海水を温めたシャワーの下で丁寧におこなわれるハンドマッサージ、

海水を温めたバスタブに浸かり、

施術者が海水を温めた強めの水圧で首元からつま先まで

丁寧におこなう海水を温めたシャワー・マッサージ、他、

 

bbthalassogm1

心も身体も解きほぐされる施術の数々、

 

 

bbthalasso1

(写真は潮の満ち干差が激しいノルマンディ地方のタラソテラピーセンター滞在時に、

数キロも続くこの辺り一面が、海に浸かるという不思議な場所早朝散歩をした時)

 

海岸沿いの散歩やジョギング、

海水を温めたマッサージ機能を備えたプールでの

運動やリラクセーション...

ダイエット・プログラム等の

ディエティティシャン(日本の栄養管理士のような国家資格)による

分かりやすく帰宅後も実施できる食事の指導や

禁煙サポート・プログラム等の

医師との面談など...

帰宅する頃には、いつも不思議と身体の底から笑顔が湧いてきて、

心も身体も新しい活力に満ちています! 

 

 

onsen2_france 

 

今年9月にフランス・タラソテラピー組合の会長の専門医にお話を伺いました。

これは、次回ご紹介します。

つづく

      

 

 

 





おすすめの記事

MAY 6,2016
MAY 6,2016
MAY 6,2016
MAY 6,2016